しつどの秘密

湿度とは、大気中に含まれる水蒸気の量や割合を示します。
通常は相対湿度を意味しています。

日本では、夏は湿度が高くジメジメして除湿機が必要になりますし、冬は湿度が低く空気がカラカラして加湿器が必要ですね。

日本の気候ではそんな湿度とうまく付き合っていくのが、快適に過ごしていく秘訣です。
湿度について勉強して、快適な湿度や天気・気温などについて考えていきます。


相対湿度とは?

ある温度で大気中に含まれる水蒸気の圧力(水蒸気分圧)を、その温度の飽和水蒸気圧で割った数値になります。

ある温度で大気中に含まれる水蒸気の量(重量絶対湿度)を、その温度の飽和水蒸気量(重量絶対湿度)で割ったものです。(単位:%)

相対湿度100%で、大気中の水蒸気量が飽和となり、結露を生じる状態になります。
また、そのときの温度を露点温度と言います。

乾湿温度計の乾球と湿球の温度差から表により求める事も可能ですし、他には毛髪の性質を利用した毛髪湿度計なんてものもあります。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39309391

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。